由々識の気まぐれ日記

JavaScriptプログラマ「由々識」が時々書くするブログ。 内容はJavaScript全般、Sleipnir関係。

第1回フェンリルユーザーミーティング (名称正式決定?)

第1回フェンリルユーザーミーティング(仮称) から『(仮称)』がとれて正式名称になったようです。
そして、詳しいスケジュールが決まったもようです。

以下は『Developer's Blog|第1回フェンリルユーザーミーティング』からの引用です。
フェンリル開発担当のきたのです。

フェンリルでは現在、Sleipnir ユーザーの方々と直接お会いし交流を深める機会
「フェンリルユーザーミーティング」を計画しております。

梅田ではたらく社長のblog : 今日のハピネス 11/7
http://blog.excite.co.jp/tabbrowser/6523082/

第1回フェンリルユーザーミーティングを大阪で開催いたします。

・開催日:2008年3月15日(土)
・開催地:大阪市北区
・開催場所:大阪市北区の飲食店
・開催時間:17時から開始(2時間〜3時間程度)
・参加費用:実費(飲食代)を上限

※上記は現時点での予定になり、変更される可能性があります。

上記のスケジュールで、参加を希望される方は以下のメールアドレスにご連絡ください。




開催日が迫っているため、期限を 3月5日3月6日まで とさせていただきます。

※定員を設けているため、参加人数によってはご参加いただけない可能性がございます。
 お早めにご連絡いただけますと幸いです。

※現時点で、定員には若干の余裕がございます。
 返信期限の3月5日3月6日を過ぎられた場合でも、もしよろしければご連絡ください。

参加表明された方に対し、フェンリルユーザーミーティング(仮称)開催情報の詳細をメールにてお知らせいたします。

お会いできることを楽しみにしています!

【3月3日 追記】
・告知が遅れてしまったため、3月5日から3月6日へ締め切り期間を延長いたしました。

・Sleipnir ユーザーの is さんからユーザーミーティングのバナーを作って下さいました。本当にありがとうございます!

フェンリル ユーザーミーティング
とのことです。
まだ定員には若干の余裕があるとのことなので、出席したい方は今からでもメールを出してみると良いでしょう。

それにしても今回のミーティング、予定が決まったのが遅めですよね。
一般の会社員の方は土日は基本的に休みなので良いでしょうけれど、アルバイトとかしてる方にはちょっときついですね。
「もう来月のシフト出しちゃったから出席できないよ(´・ω・`)」という方も多かったのではないでしょうか。
なので、第2回フェンリルユーザーミーティングの際にはもっと早めに予定を決めていただけたらと思います。
人によっては宿泊施設の手配とかも必要ですしね。
あと、これは私の要望ですが、開催時間を 12時から18時くらいにしてほしいですね。
そうすれば新幹線で日帰りできますから。
まあ、次回の開催地が博多や札幌とかだった場合、やっぱり泊りがけになってしまうんですけどね。(笑)
というわけで、次回からで良いので、考えていただけるとありがたいです。(>Fenrir の中の人)

なにはともあれ、今から当日が楽しみですね。


(2008/03/03 13:42 引用文訂正)

Sleipnir 2.6.2 test5 リリース

Sleipnir 2.6.2 に上書きして使用する テスト版、test5 が 2ch でリリースされました。


<更新履歴>
現在、皆様からいただいたフィードバックを元に強制終了の問題を修正しておりますが、
どうしても再現がとれなかったり、修正できずにいる不具合がまだ残っています。

Sleipnir 以外のソフトと競合している可能性があり、その原因特定のため、
今回の test 版から、FeedbackAgent でプロセスとサービスのリストもあわせて送信するように変更しております。
(これは test 版のみの対応です。)

また、強制終了が発生した現象などを、差し支えなければ詳細に教えていただけると幸いです。

ご理解、ご協力していただけるとうれしいです。宜しくお願い致します!

[仕様変更]
- FeedbackAgent の送信内容を変更した。( test 版のみの対応です。)(NX)

[品質向上フィードバック]
- SagittariusDock に GrepSelectedText ボタンに追加すると、起動時に強制終了する不具合を修正した。(タクヤ,RAPT)
- 設定ファイルの読み込みで、値が長い文字列のときに強制終了していた不具合を修正した。(NX)


今回の修正は強制終了と FeedbackAgent の修正のもようです。
今回、 FeedbackAgent でプロセスとサービスのリストもあわせて送信するように変更されるということで、
他ソフト(ウィルス対策ソフトなど?)と競合していないか調査するみたいです。
私の環境では『BitDefender 10 Free Edition』というソフトと競合がおこり、
現在、Fenrir がこのソフトの開発元に問い合わせを行っている最中です。
詳しいことはわかりませんが、他ソフトとの競合は対応が難しいみたいです。
しかし、それでも修正する気満々の きたの さん。
Fenrir の開発姿勢にはいつも感心いたします。

というわけで、せっかく Fenrir が難しいことに挑んでくださるのですから、
ユーザーとして協力しないわけには行かないですね。
みなさんも強制終了がおきたら必ずフィードバックを送りましょう。

「Trident(IE)の履歴を検索」Ver. 0.01 α版 公開

Trident(IE)の履歴を検索するスクリプトを作ってみました。

「Trident(IE)の履歴を検索」をダウンロード


このスクリプトは実行すると文字入力ダイアログが出て、
文字入力ダイアログに検索ワードを入力して [OK] ボタン、または Enter キーを押すと、
履歴のURL・ページのタイトル・最終閲覧日時を検索し、
Sleipnir に新しいタブが開いて検索結果を最終閲覧日時順に一覧表示します。
処理時間は履歴件数に比例して長くなるので、IE の履歴保存日数を 30 日くらいに設定している人では2分くらいかかるかもしれません。(^^;

あと、付属テキストに書いてありますが、検索ワード全体を "/" で囲むと正規表現の検索になります。
(例:画像のURLを正規表現検索)
/\.(?:jp[e]?g|gif|png)/

不具合・要望などありましたらコメント欄か、2ch のスレへどうぞ。
(処理速度を速くしてくれという要望は今のところ無理そうです)

(2008/03/08 15:10 追記)

α版の公開は終了しました。
現在、正式版が公開中です。

第1回フェンリルユーザーミーティング(仮称) の告知

第1回フェンリルユーザーミーティング(仮称) のメールが きたの さんから届きました。
メールに
ご自身のホームページ・ブログなどで、フェンリルユーザーミーティング(仮称)の告知に
ご協力いただけませんでしょうか?
と書かれていたので早速協力したいと思います。
以下がメール本文の一部抜粋です。
第1回フェンリルユーザーミーティング(仮称)

・開催予定日:2008年3月14日(金) または 15日(土)
・開催予定地:大阪府

 ※開催予定日・開催予定地は変更される可能性がございます。

恐れ入りますが、以下にお答えいただけますでしょうか?

・現時点で参加を希望するか :
・現在お住まいの都道府県・市名(差し支えなければ) :
 ※今回の開催地・今後の開催地を決定する際の参考にさせていただきます。


フェンリルユーザーミーティング(仮称)は多くのユーザーの方から反響をいただき、
フェンリルとしても Sleipnir ユーザーの方の、生の声をお聞きする絶好の機会だと感じております。

ご参加のお返事を期待しております。
※誠に勝手ではございますが、1週間程度でお返事いただけますと幸いです。
そんなわけで、まだ予定が変更される可能性もありますが、開催日と開催地が決まった(?)ようです。
というか、開催地が『大阪府』って範囲広すぎ。(´Д`;)
まだ、大まかにしか決まっていないって感じですね。
開催予定日まであと半月ちょっとしかないのに・・・。

で、私の返事ですが、もちろん“参加希望”です。
この目で柏木社長の顔を拝みに行きたいと思います。

さて、こうして告知依頼が来たということは、
まだ参加を受け付けているということかもしれませんね。
なので、今からでも参加したい方はこちらのページのメールアドレス宛に参加希望メールを1週間以内に出せば間に合うかもしれません。
とは言え、あくまで“かもしれません”なので、ダメだった場合でも私を恨まないようにお願いしますね。(笑)

なにはともあれ、Sleipnir に対して不満や要望がある方は直談判のチャンスです。
私も参加する予定なので、みなさまも奮って参加しましょう!


(2008/03/01 23:07追記)

こちらにこの記事の続報があります。

Sleipnir 2.6.2 test4 リリース

Sleipnir 2.6.2 に上書きして使用する テスト版、test4 が 2ch でリリースされました。


<更新履歴>
引き続き、起動速度品質向上中です!
強制終了する問題の修正もがんばってます!!
設定が消える問題もなんとか・・したいです。。

強制終了する問題を撲滅するために、
この test 4 では、エラー判定を増やし問題原因をより特定しやすくしています。
そのため、環境によっては、FeedBackAgent が立ち上がることが増えることがあるかもしれません。
フィードバックをいただけたら必ず修正しますので、ご協力いただけたらうれしいです。(この対応は test 版のみになります。)

[仕様変更]
- Sleipnir オプション|クライアント|全般|画像や設定ファイルをキャッシュして高速化するのオプションを復活させた。
 (現在、設定ファイルのキャッシュのみ実装済みです。)(タクヤ)
- キャッシュファイルの保存先を変更した。(Vista 対応の為に、Application Data に保存するように変更しています。)(タクヤ)
- SecurityZone プラグインでアイコンをクリックしたとき、セキュリティ設定ダイアログをスムーズに表示できるよう調整した。(RAPT)
- FeedbackAgent で送信する情報を修正した。(NX)

[不具合修正]
- 起動直後、アドレスバーにフォーカスがあたるようになっていた不具合を修正した。(Sleipnir test2 からの修正です。)(タクヤ)

[品質向上フィードバック]
- ツールバー上で、右ダブルクリックしたとき、右クリックメニューが文字化し、強制終了することがあった不具合を修正した。(NX)
- 特定の条件で引数を付けて Sleipnir を起動したとき、強制終了することがあった不具合を修正した。(NX)
- 情報バーを表示するとき、強制終了する可能性があった不具合を修正した。(NX)
- Sleipnir オプション|クライアント|全般|既定のブラウザエンジンが Gecko になっているとき、終了時に強制終了することが
 あった不具合を修正した。(タクヤ)


今回の修正は、高速化と強制終了対策が主なようです。
あと、不具合特定のためにエラー判定を増やしているみたいですね。
「フィードバックをいただけたら必ず修正します」という言葉がきたのさんの不具合修正への意気込みをうかがわせます。
なので、今回のテスト版を導入してエラーが出た人は FeedBackAgent から必ず FeedBack を送りましょう。

それから、今回はいくつかの仕様変更がありますね。
まずは、
- Sleipnir オプション|クライアント|全般|画像や設定ファイルをキャッシュして高速化するのオプションを復活させた。
です。
一見すると Web ページ閲覧時にページ内の画像の表示が速くなるような感じがするんですが、
オプションの項目の場所が「クライアント|全般」の所にあることからわかるとおりそうではありません。
タブブラウザ Sleipnir オンラインデータベースによると、
『ツールバーアイコンや設定をまとめておくことで起動を高速化します。』
とのことです。
なんだかまぎらわしいですね。
「スキンや設定ファイルをキャッシュして高速化する」
とかの方が良い気がします。

次に
- SecurityZone プラグインでアイコンをクリックしたとき、セキュリティ設定ダイアログをスムーズに表示できるよう調整した。
です。
前バージョンまでは、セキュリティ設定ダイアログが開く時に一瞬「全般」タブが見えていましたが、
今回から直接「セキュリティ」タブが開かれるようになりました。
そのかわり、「セキュリティ」タブ以外の表示が消えてしまったために「セキュリティ」タブ以外に切り替えることができなくなってしまいました。
IE7 での表示と同じなので、これが本来の表示なのでしょうけれど、
SecurityZone プラグインのアイコンをセキュリティゾーンの操作だけでなく、
インターネットオプションのショートカットとしても利用していた人とかにはちょっと残念かもしれません。
(かく言う私もそういう使い方をしていたりしてました。)
できれば隠しオプションか何かで「セキュリティ」タブ以外も表示できるようにしていただけると良さげです。

あと、これは以前にもこのブログで要望しましたが、
セキュリティゾーンによってページのセキュリティを切り替える機能がほしいですね。
URI アクション』ならぬ『セキュリティゾーンアクション』と言ったところでしょうか。
各セキュリティゾーンに対してクイックセキュリティのようにセキュリティを「JavaScript の実行を許可」から「ビデオの再生」までの各セキュリティを設定できるようにして、
制限付きサイトには「なにもしない」も選べるようにできれば良いと思います。
(「なにもしない」でブロックしたことを知らせる音を鳴らすオプションがあればなお良い)
これがあれば、信頼済みサイトで自動で JavaScript や ActivX を ON にし、
制限付きサイトでは画像を非表示にする等のことができます。
また、IE の制限付きサイトに悪質サイトを一括登録するソフトウェアと
『セキュリティゾーンアクション』の制限付きサイトで「なにもしない」の機能を併用することで、
Sleipnir がよりセキュアになります。

 | HOME |  次のページ »

Sleipnirスクリプトをお探しのかたはこちらへどうぞ。

Yuyu's Digital Lab.

プロフィール

由々識

作者:由々識

JavaScriptプログラマの由々識です。
主にSleipnirスクリプトを書いています。

RSS 1.0

カレンダー

01 | 2008-02 | 03
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

アーカイブ

カテゴリー

最新投稿

最新コメント

トラックバック

ツール

あわせて読みたい
この日記のはてなブックマーク数

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
利用規約