由々識の気まぐれ日記

JavaScriptプログラマ「由々識」が時々書くするブログ。 内容はJavaScript全般、Sleipnir関係。

Sleipnir 2.8.5 リリース候補版がリリース

Sleipnir 2.8.5 のリリース候補版が 2ch でリリースされました。
なお、今回のリリース候補版は単体での使用が可能です。
また、test 版への上書きは推奨しないとのことなのでご注意を。

<更新履歴>

リリース候補1
次のバージョンに向けて開発を行ってきましたが、マルチスレッドは
もう少し時間がかかりそうなため 2.8.5 を出します。
2.8.4 正式版をベースに test 版での変更を実装し直しました。
2.8.4 からの変更点は History.txt をご覧下さい。
変更は IE8 関連の機能が中心です。

2.8.4 test 版 = 2.8.5 + マルチスレッド + 基本性能の向上 + α

とお考え下さい。

Sleipnir 2.8.5 では、Internet Explorer 8 の一部機能に対応し、Windows 7 RC でも
動作するようにしました。

[新機能]
- Sleipnir オプション | ビュー | Trident | 詳細設定 | IE8 ネイティブモードで動作するを追加した。(たば)
- Sleipnir オプション | ビュー | Trident | 詳細設定 | 同時接続数を IE8 に合わせるを追加した。(たば)
- Windows7RC で動作するようにした。(たば)
- RssDynamicFolder で Atom1.0 に対応した。(たば)
- Sleipnir オプション | デザイン | favicon の消し方オプションを追加した。(前者はお気に入りに登録しているページだけ残し、後者はお気に入りに登録しているページと、10 日以内に使用した favicon を残します。)(たば)
- Advance デザインのとき、検索バーのサイズを変更できるようにした。(たば)
- インナーフレームに含まれた他ドメインのページの選択部分を、右クリックメニューの「キーワードをウェブから検索」に対応した。(たば)
- インナーフレームに含まれた他ドメインのページで SmartSearch に対応した。(たば)

[仕様変更]
- いくつかの検索エンジンの favicon を最新のものに差し替えた。(たば)
- バージョン情報のコピーライトを変更した。(たば)
- ツール | デザイン | デザインの説明文を修正した。(たば)
- ツール/ヘルプメニューを整理した。(たば)
- Sleipnir オプション | IEBrowser | 詳細設定に「スクリプトエラーを抑制する」を追加した。(たば)
- 一度設定をクリアするため「スクリプトエラーを抑制する」のキーを StopNoisyDialog から BlockScriptError に変更した。(たば)
- ステータスバーに URI のみ表示を、"URI を含む" から "URI で始まる" に変更した。(たば)
- ツール | プラグイン | 右下のリンクのメッセージに Fenrir Extensions Center が含まれていた部分を修正した。(たば)
- ツール | スキン | 右下のリンクのメッセージに Fenrir Extensions Center が含まれていた部分を修正した。(たば)
- SmartInstaller でプラグイン/スキンをダウンロードするときに出る「Fenrir & Co.」を「フェンリル」に変更した。(たば)
- Flash などの動画を最大化したときに ESC キーを効くようにした。(たば)
- 特定ページの問題に対応するため UserAgent の書式を変更した。(互換のため はリストに残しています)(たば)
- IE8 をインストールした環境でローカルのファイルを開いたとき、「ソースの表示」でキャッシュではなく元のファイルを開くようにした。(開くアプリケーションの優先度は View Source Editor、.html の edit に関連付けされているもの、メモ帳です。)(たば)
- 選択部分のソースを開くで渡すファイル名をダブルクォーテーションで囲むようにした。(たば)
- 「選択部分のソースを表示」で使用するエディタを HKEY_LOCAL_MACHINESoftwareMicrosoftInternet ExplorerView Source EditorEditor Name から取得するようにした。(たば)
- sqlite3.dll を新しいものに変更し、動作するようにした。(たば)
- Windows 2000/XP の関連付けを Windows らしくした。(たば)
- RSS リーダーがインストールされていないとき、ツールバーの RSS ボタンを押すとRSS リーダープラグインのインストールページに飛ぶようにした。(たば)
- アドレスバーの拡張メニューの初期設定を変更した。(たば)
- scripts フォルダの拡張子がないファイルをメニューに表示しないようにした。(たば)
- 個人情報の削除|Favicon のキャッシュ を すべての Favicon キャッシュ(使用中を含む)に変更した。(たば)

[不具合修正]
- SmartSearch のクエリを修正した。(たば)
- 一部の検索エンジンクエリを修正した。(たば)
- favicon が取得できないことがあった不具合を修正した。(たば)
- 新しくタブを開いたとき、フォーカスがなくなることがあった不具合を修正した。(たば)
- 起動時に前回終了時の状態を復元しているとき、戻る/進むで複数履歴を移動すると戻る/進むの履歴と、表示しているページとの対応がずれていた不具合を修正した。(たば)
- 特定の操作をしたとき、セキュリティが継承されない不具合を修正した。(たば)
- IE7 以降の環境で、新しいウィンドウを開いたときにデフォルトセキュリティが設定されないタイミングがあった不具合を修正した。(たば)

[廃止]
- 簡易ヘルプ機能を削除した。(たば)
- 多言語対応のため RSS バー/IEPanel/MediaPlayer/RssClipAdapter プラグインのプリインストールをやめた。(たば)
- 誤動作防止のために「不要なダイアログを抑制する」をメニューから削除した。(たば)
- 不要だった styles/old フォルダを削除した。(たば)
リリース候補2
test 版への上書きは推奨しません。
上書きする場合は必ずバックアップをとってから行って下さい。
SeaHorse などのプラグインは test 版用のものでもそのまま使えるはずです。

[不具合修正]
- ページを開くときに about:blank が表示される不具合を修正した。
大量ですね。
大量なので、主な更新点のみ検証・解説したいと思います。

- Sleipnir オプション | ビュー | Trident | 詳細設定 | IE8 ネイティブモードで動作するを追加した。(たば)
- Sleipnir オプション | ビュー | Trident | 詳細設定 | 同時接続数を IE8 に合わせるを追加した。(たば)
これは、IE8 正式版への対応です。
「IE8 ネイティブモードで動作する」を有効にすることで、ブラウザ がサーバーに送信する情報が IE8 仕様になり、
さらにサーバーから受信した情報が IE8 仕様であった場合に ドキュメント モード(一部では“レンダリングモード”とも呼ばれている) を IE8 にして Web ページを描画して表示します。
つまり、当オプションを有効にしたからといって必ずしも ドキュメント モード が IE8 になるわけではないのでご注意ください。
「同時接続数を IE8 に合わせる」を有効にすると、Trident での同時接続数が IE と同じになります。
なお同時接続数というのは、Web ページを表示するためにサーバーから画像などを受信する際の最大数です。
Web ページを表示する際、ページ内に表示するための画像などをサーバーに対して「○○の画像送ってくれ!」と催促の情報を送ります。
そして相手サーバーが「よしわかった送るぜ!」と画像ファイルなどを送ってきて受信するという一種の取引をします。
で、この同時接続数というのはファイルを催促して受信待ちしている“取引中”の数の最大数です。
つまり、この値を例えば 8 にすると、“取引中”の数が 8 になった時点で催促を一時中止し、
サーバーからファイルが送られてくるまで待機状態になります。
そして、サーバーからファイルが送られてきて“取引中”の数が 8 未満になると再び催促の情報を送信します。
何故このようなものがあるのかというと、この制限が無いとサーバーが大量の催促情報を処理できずに麻痺してしまうためです。
故に、ブラウザには種類を問わずにこの制限が設けられています。

さて、両オプションともレジストリに値を書き込みますが、Sleipnir 終了時にレジストリの値は削除されるため、レジストリにゴミが溜まることが無い清潔仕様です。
ただ、「IE8 ネイティブモードで動作する」は有効・無効にかかわらずに Sleipnir 起動時にレジストリの値を Sleipnir オプションの値で上書きするので、
レジストリの値を書き換えて sleipnir を再起動するスクリプトを作っても使えません。
スクリプトで変更したレジストリ値が Sleipnir 起動時に上書きされてしまうのです。
なので、この仕様はなんとかしてほしいものです。
チェックボックスではなくリストボックスにして、「IE8互換あり」「IE8互換無し」「IE7」「レジストリを変更しない」の4択にしてほしいですね。
そうすれば、マウスジェスチャで IE モード変更して自動再起動なんてことができます。
ちなみに、「同時接続数を IE8 に合わせる」の方はチェックを外すとスクリプトでの操作ができるようになります。


- Sleipnir オプション | デザイン | favicon の消し方オプションを追加した。(前者はお気に入りに登録しているページだけ残し、後者はお気に入りに登録しているページと、10 日以内に使用した favicon を残します。)(たば)
favicon というのは、タブの左端や、アドレスバーの左端に表示される 16x16 ピクセルのアイコンのことです。
で、Sleipnir は受信したアイコンを延々とローカルに保存し続けるというとんでも仕様だったわけですが、今回の修正でそれが改善されました。
まあ、私は終了時に全削除しているのでさほど重要度は高くはありませんが・・・。


- インナーフレームに含まれた他ドメインのページの選択部分を、右クリックメニューの「キーワードをウェブから検索」に対応した。(たば)
- インナーフレームに含まれた他ドメインのページで SmartSearch に対応した。(たば)
いわゆる、ドメイン越えができるようになったということですね。
とは言え、これは今まで一部のページで正常動作しなかったものが動作するようになった系の修正なので、
修正されたことを意識する必要は無いでしょう。


- Sleipnir オプション | IEBrowser | 詳細設定に「スクリプトエラーを抑制する」を追加した。(たば)
- 誤動作防止のために「不要なダイアログを抑制する」をメニューから削除した。(たば)
これは、設定場所が変わったと考えて良いと思います。たぶん。


- 簡易ヘルプ機能を削除した。(たば)
簡易ヘルプ機能というのは、Web ページが表示されない時などにでる画面のことです。
今回、これが削除されました。


更新点に関する検証・解説は以上です。
あと、これらとは別に要望が一つあります。
↓のダイアログの文言をわかりやすくしてほしいです。
スクリプティング・インタフェースのダイアログ
このダイアログは Sleipnir 終了時に稼動中のスクリプト等が存在した場合にそのまま Sleipnir を終了して良いか尋ねるものです。
しかしこのダイアログはほとんどの場合スクリプトを使用者が目にするわけで、
それらのほとんどの方が「スクリプティング・インターフェース」とか「接続解除」とか言われても何をどうして良いのか判断できません。
なので、[OK] [キャンセル] のボタンが付いている以上、初心者でもどちらのボタンを押せば良いのか判断できる文言にしてほしいです。
もしそれが無理ならば、そのようなダイアログは廃止しても良いと思います。
ユーザーを混乱させるだけのダイアログなんて、無い方が良いです。



以上です。
さて、今回の検証は久しぶりでした。
裏でいろいろと忙しかったので test 版は追えませんでしたが、リリース候補版くらいはと思って今回は記事に書いてみました。
とはいえ、今後“リリース候補3”とか出ても記事書く余裕が無いのですが・・・。(汗)
なにはともあれ、今回の記事が誰かのお役に立てれば幸いです。

 | HOME | 

Sleipnirスクリプトをお探しのかたはこちらへどうぞ。

Yuyu's Digital Lab.

プロフィール

由々識

作者:由々識

JavaScriptプログラマの由々識です。
主にSleipnirスクリプトを書いています。

RSS 1.0

カレンダー

04 | 2009-05 | 06
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

アーカイブ

カテゴリー

最新投稿

最新コメント

トラックバック

ツール

あわせて読みたい
この日記のはてなブックマーク数

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
利用規約