由々識の気まぐれ日記

JavaScriptプログラマ「由々識」が時々書くするブログ。 内容はJavaScript全般、Sleipnir関係。

ReduceImageSize (ウィンドウに収まるように画像を縮小)を SAHK で公開

Sleipnir 用スクリプト、“ReduceImageSize”(和名:ウィンドウに収まるように画像を縮小)を
Sleipnir Assembly House for Kittens (以下、SAHK)
で公開しました。
(インストールには Odd Eyes Installer (以下、OEI)を別途 Sleipnir にインストールする必要があります)

  「ReduceImageSize」のダウンロードページ

今回も新作ではなく、配布場所と配布形態の変更です。
あと、名前も変わりました。と言いましても、和名は従来どおり
「ウィンドウに収まるように画像を縮小」なのですけどね。
スクリプトの機能面での修正はありませんが、
UserAction 版と SeaHorse 版が同梱していますので、インストールすると
デフォルトで自動実行します。
自動実行させたくない場合は、
Sleipnir オプション「拡張機能|SeaHorse」の「インストールされているスクリプト(L):」の中から
“ReduceImageSize”を選択し、[ 有効/無効(E)] ボタンを押して無効にしてください。
ちなみに、このスクリプトのことを知らない方の為に説明しますと、
「ウィンドウに収まるように画像を縮小」というのは Sleipnir の機能を拡張する“スクリプト”というものの一種です。
どういう機能なのかと言いますと、
Webページ内の画像をウィンドウに収まるように縮小します。
Web ページを開いた時に自動実行する機能とアクションを実行した時に実行する機能の両方ありまして、
アクションを実行するたびに縮小と復元を切り替えることができます。
デフォルトでは両機能が動作するようになっていますが、
前述のように Sleipnir オプションから無効化することで、アクション実行時のみ動作するようにもできます。

最後に、今回からの配布形態変更に伴い、zip 版の更新は停止したいと思います。
理由は、『両方用意するのが面倒だから』です。
今のところ、「Yuyu's Digital Lab.」の方の zip 版は公開状態ですが、
そのうち zip 版の配布そのものも停止するつもりです。

なにはともあれ、
不具合等ありましたらご報告お願いします。

Sleipnir 2.9.3 test2 の不具合検証

Sleipnir 2.9.3 test2 に不具合を見つけました。

■再現方法
  1. Sleipnir のタブを全て閉じ、about:blank のタブ1つのみにする。
  2. 以下のスクリプトを 1.xx 互換スクリプトとして実行する。
    var pnir = new ActiveXObject("Sleipnir.API");
    var id = pnir.NewWindow('about:blank', true);
    var doc = pnir.GetDocumentObject(id);
    doc.open();
    doc.write('<a href="http:\/\/www.google.com\/" target="_blank">NewWindow<\/a><br>\r\n');
    doc.write('<a href="http:\/\/www.google.com\/">ThisWindow<\/a>');
    doc.close();
  3. 「NewWindow」をクリックすると、アドレスバーの表示が「about:blank」から「http:///」に替わるだけでリンクが開きません。
  4. もう一度「1.」「2.」をやってからナビゲーションロックし、「NewWindow」をクリックすると、『このプログラムではこの Web ページを表示できません』と出る。
  5. もう一度「1.」「2.」をやってからナビゲーションロックし、「ThisWindow」をクリックすると、
    一見正常動作しているように見えるが、「about:blank」のタブのアドレスバーの表示が「http://www.google.com/」になっている。
再現おわり。

ちなみに、Sleipnir 2.9.3 正式版では再現しませんでした。
test1 は試していないのでわかりません。

以上、修正よろしくお願いします。> たば さん

ImageLinkThumbnail (リンク先画像のサムネイル表示)を SAHK で公開

Sleipnir の UserAction スクリプト、“ImageLinkThumbnail”(和名:リンク先画像のサムネイル表示)を
Sleipnir Assembly House for Kittens (以下、SAHK)
で公開しました。
(インストールには Odd Eyes Installer (以下、OEI)を別途 Sleipnir にインストールする必要があります)

  「ImageLinkThumbnail」のダウンロードページ

と言いましても、新作ではなく、
基本機能は従来の「リンク先画像のサムネイル表示」スクリプトと同じです。
ちなみに、知らない方の為に説明しますと、
「リンク先画像のサムネイル表示」というのは Sleipnir の機能を拡張する“スクリプト”というものの一種です。
どういう機能なのかと言いますと、
画像に直リンクしているリンクの横にリンク先の画像をサムネイル表示したり、
別ウィンドウ(タブ)に一覧表示したりします。
それで今回バージョンアップ&配布形態の変更をしたわけですが、
気になる従来品との違いは、
  • 「ImageLinkThumbnail」を正式名称とし、「リンク先画像のサムネイル表示」は和名という位置づけにした。
  • OEI でのインストールに対応。
  • 「Cait Sith」必須にし、GUI からの設定変更、バージョンアップ時の設定引継ぎ、
    ユーザ毎の設定保存ができるようになった。
  • ページのドキュメントモードが「7」や「8」の時に表示が崩れる不具合を修正。
となっています。

まず名称変更ですが、これは公開方式上の仕様で 2byte 文字が使用できないためです。

次に、OEI でのインストールに対応しました。
SAHK で配布されている OEI を Sleipnir にインストールすることで、SAHK で配布されているスクリプト・スキン・プラグインをボタン一つで簡単にインストールできます。
「ImageLinkThumbnail」をこの OEI でのインストールに対応したことで、
「ImageLinkThumbnail」を簡単にインストールできるようになりました。

続いて「Cait Sith」への対応です。
前述のようにGUI からの設定変更、バージョンアップ時の設定引継ぎ、
ユーザ毎の設定保存ができるようになりました。
設定変更画面の開き方は、

 ?メニューバー「ツール(T)|スクリプト(R)|ShowCaitSithGUI」を実行し、「ImageLinkThumbnail」を選択。
 ?アドレスバーに「about:scriptConfig」と入力して開き、「ImageLinkThumbnail」を選択。
 ?アドレスバーに「about:scriptConfig/ImageLinkThumbnail」と入力して開く。
 ?「ShowCaitSithGUI」アクションを実行して、「ImageLinkThumbnail」を選択。

と、複数用意されています。

その次は、不具合修正です。
サムネイルをページ内のリンク横に埋め込む際、
ページのドキュメントモードが「7」や「8」の時に表示が崩れる不具合を修正しました。
なお、上には書きませんでしたが、別ウィンドウ(タブ)に一覧表示する処理が IE7 以降の環境で多少軽くなっています。
ページのドキュメントモードが IE7 以降だとサムネイル生成の処理をスタイルシートのみで完結できるのですが、
ページのドキュメントモードが Quirks モードだと少し強引な手法をとらざるを得ないため、
従来はどうしても処理が重くなっていました。

ちなみに、今回からの配布形態変更に伴い、zip 版の配布は停止したいと思います。
理由は、『両方用意するのが面倒だから』と、『Cait Sith に対応したから』です。
「Cait Sith」は OEI が無いとインストール不可なので、
「Cait Sith」に対応した以上、OEI のインストールは免れないので、
zip 版はいらないだろうということです。

それにしても「Cait Sith」は便利です。とても便利です。すごく便利です。
対応したスクリプトを作成するにはデフォルト設定ファイルを書かなくてはいけない手間がかかりますが、
スクリプトの設定がユーザー毎に保存されたり、GUI から設定変更できたりと、
まるでプラグインのような設定管理ができるスクリプトが手軽に作成できます。
作者である 8th_713 さんには心から感謝です。
本当にありがとうございます。

というわけで、
今日はこの辺で。

謹賀新年 in 2010

三日遅れですが、
みなさん、新年あけましておめでとうございます。

最近は Sleipnir テスト版の動作報告などもしなくなってしまたので、
このブログもめっきり訪問者が減ってしまいました。
本当はいろいろ考えていたのですが、
昨年の3月から母が病気(主に癌。他にも腎臓など)で入退院を繰り返したり、
家事のほとんどを私がやらなければいけなくなったり、
勤務先が替わって仕事が忙しくなったり、
SAHK こと Sleipnir Assembly house for Kittens を作ったりなど、
いろいろなことが重なりました。
まあこのご時世、仕事があるだけありがたいというものですし、
病気であっても親が生きていることもありがたいことですし、
SAHK の作業は大変ですがとても楽しいものです。(笑)

しかし、入院費ってバカ高いですね。
「高額療養費限度額適応認定証」という紙切れを役所で発行してもらったおかげで、
一回の入院費は手術代込みで10万ちょっとにおさえられているものの、
私と弟の給料ではギリギリな感じです。
それというのも、“差額ベッド”とかいう極悪なものがあるせいです。
もし、この世に“差額ベッド”というシステムの考案者が生きているのなら、
死ねとは言いません。殺したいとも思いません。
ただ、『死ぬよりもっと辛いめにあいつつ長生きして欲しい』と 呪う 願うような願わないような感じです。

と、少しダークが入ってしまったので話題を変えます。

8月より一般ベータ公開している
SAHK ですが、
いまいちエクステンションの投稿数が少ない、というかほとんど無い感じです。
なんといいますか、ダウンロード者だけでなく、
投稿者をもっと増やしたいところです。
で現在、エクステンション一覧にエクステンションを登録するには、
アップローダにファイルをアップしてフォーラムに書き込まなければいけませんが、
こちらで信頼ができると判断した投稿者を SAHK の管理者メンバーにして
投稿作業を自分でできるようにし、
フォーラムに書き込まなくても勝手に登録・更新作業ができるようにしたいと考えています。

とはいえ、すぐに公開エクステンション数が増えるわけがないので、
まずは私のスクリプトを SAHK に移行する作業も急ぎたいと思います。

ちなみに、SAHK をいつ正式公開に移行するかですが・・・、
今のところ未定です。(汗)
と言いますか、正式公開の条件の決定が保留の状態なのですよ。
なので当分の間、ベータ公開という状態で行きたいと思います。


さて、私の公開するスクリプト関係の話ですが、
確か一年前に「検索スクリプトを生成」の SuperDrag Extension への
完全対応とか言っていた気がしますが、
未だに手付かずのままです。(汗)
また、1.66 用の Sleipnir スクリプトの公開を打ち切るとかも言った気がしますが、
これも手付かずです。(滝汗)
いやだって一年前の今頃に、まさか SAHK を作ることになるなんて思ってもいなかったのですよ。
そのようなわけで昨年は、開発の時間のほとんどを SAHK 関連にとられて上記のことに
手がまわりませんでした。
まあ、私自身は楽しかったから良かったのですけどね。(苦笑)

今後としてはまず SAHK への公開場所の移転を優先し、
既存のスクリプトの改造や新作の開発はその次になる予定です。

なにぶん忙しいので亀進行になってしまいますが、
気長に待っていただければ幸いです。

以上、新年のご挨拶を兼ねていろいろ書きましたが、
なにはともあれ、みなさま今年もよろしくお願いいたします。

「Sleipnir Assembly house for Kittens」を一般ベータ公開

みなさんお待たせいたしました。
SeaHorae プラグイン『Odd Eyes Installer』と公開サイトの「Sleipnir Assembly house for Kittens」を一般ベータ公開いたしました!

■『Odd Eyes Installer』とは?
Sleipnir の SmartInstaller のように、ボタン一発でスクリプト・プラグイン・スキンをインストールできるようにする SeaHorse プラグインです。
SmartInstaller と同様にインストールのリンクをクリックすると SeaHorse によって『Odd Eyes Installer』が起動し、ダイアログのボタンをクリックしていって、最後に Sleipnir を再起動するだけでスクリプト・プラグイン・スキンがインストールできます。
また、Sleipnir のプラグインマネージャやスキンマネージャからこれらが更新・アンインストールが可能なので、
初心者にも簡単にスクリプト・プラグイン・スキンの導入から管理までが公式プラグイン・スキンと同様に行えます。
■「Sleipnir Assembly house for Kittens」とは?
通称、“SAHK”、“猫鮫”と呼ばれています。
『Odd Eyes Installer』と、それを使用してインストールできるスクリプト・プラグイン・スキンを公開するためのサイトで、
将来的には一般ユーザーからスクリプト・プラグイン・スキンの投稿を受付け、第2の SUEC をめざします。
(現在、投稿ページ整備中のため投稿の受付は行ってません)
なお、ユーザーの安全を守るために『Odd Eyes Installer』はこのサイトでしか動作しないようになっています。
また、これら以外にも汎用設定ライブラリ『Settings Library Cait Sith』や、Si/Sar作成ソフト『Si/Sar Maker』も公開しています。
■『Settings Library Cait Sith』とは?
スクリプトの多くがその設定をスクリプトファイル内に記述しています。
そのため、『Odd Eyes Installer』をでインストールされたスクリプトを Sleipnir のプラグインマネージャ等で更新(アップデート)すると、
スクリプトの設定が初期化してしまい、また設定変更のやり直しになってしまいます。
これを防ぐためのライブラリが『Settings Library Cait Sith』です。
スクリプトの設定ファイルを各ユーザーフォルダに外部ファイル化することにより設定をユーザー毎に保存できるようになります。
そしてなんと!
『Settings Library Cait Sith』に対応したスクリプトはブラウザ上に表示されるオプション画面を操作することで設定変更ができてしまいます。
これにより、わざわざスクリプトファイルをテキストエディタで開いて編集する必要が無くなり、
初心者でも簡単にスクリプトの設定変更ができてしまうのです。
ただ、『Settings Library Cait Sith』を使用するにはスクリプトをこれに対応させるように修正する必要があるので、
これを導入してもスクリプトがこれに対応していなければ使えません。
■『Si/Sar Maker』とは?
Sleipnir の SmartInstaller で使用される Si/Sar ファイルを作成するソフトです。
『Odd Eyes Installer』も Si/Sar に加工されたファイルを使用してスクリプト・プラグイン・スキンをインストールします。
将来、 SAHK(猫鮫)でスクリプト・プラグイン・スキンの投稿を受け付ける際は、
このツールを使って Si/Sar 化して投稿してもらう予定です。
こんな感じです。
Sleipnir のテスト版の検証をサボってまで時間を費やしたプロジェクトが遂にオープンプロジェクトに移行し、
発起人としては嬉しいかぎりです。
ここまで来られたのもメンバーのみなさんのお力があってこそです。
みなさん、本当にありがとうございます。
そして、これからもよろしくお願いいたします。


一般ユーザーの皆様におかれましては、
よろしければフォーラムにて要望・不具合などをお寄せください。質問も OK です。
(フォーラムの書き込みにはユーザー登録が必要です。)
まだまだベータ公開の段階であちこち工事中ですが、
今後とも「Sleipnir Assembly house for Kittens」をよろしくお願いいたします。


(追記 2009/08/24 17:18)
既存の SUEC との住み分けですが、
今のところどうするとも決めておらず、暗黙のうちに共存する方向で進んでいる状態です。
ちなみに、プロジェクトメンバーの中には SUECの人 さんも入っていたりします。

« 前のページ  | HOME |  次のページ »

Sleipnirスクリプトをお探しのかたはこちらへどうぞ。

Yuyu's Digital Lab.

プロフィール

由々識

作者:由々識

JavaScriptプログラマの由々識です。
主にSleipnirスクリプトを書いています。

RSS 1.0

カレンダー

05 | 2017-06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アーカイブ

カテゴリー

最新投稿

最新コメント

トラックバック

ツール

あわせて読みたい
この日記のはてなブックマーク数

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
利用規約